豊島区

豊島区の鍵開け・鍵交換は出張鍵屋東横救急へ!

東京都豊島区

豊島区の鍵トラブル

東京都豊島区

豊島区で起きる代表的な鍵トラブルとしては、「玄関の鍵をなくした」「事務所の鍵が壊れた」また「自宅の錠前を壊された」などのケースが知られています。

人口密度が高く住宅が密集しているエリアの多い豊島区では、日々多くの方が鍵の紛失トラブルに見舞われています。同居人のいない一人暮らしの場合、すぐに頼れる人が見つけにくいのも難点です。

鍵の紛失は防犯上からも早めに対処することが大切です。悪意のある第三者に鍵を拾われた場合、侵入窃盗などのトラブルにつながる可能性もあります。鍵開けを依頼するのはもちろん、その後の鍵交換も検討しましょう。

ただし、特殊な鍵が設置されている場合、依頼した鍵開け業者のスキルによっては、対応不可とされることもあります。そのため信頼のおける、実績豊富な業者を選ぶことが大切です。

同時に豊島区は、数多くの店舗や事業所などが集まっていることから事務所の玄関や金庫、引き出しなどの鍵に関するトラブルも散見されます。

鍵は丈夫に見えますが、ちょっとした衝撃ですぐに変形することがあります。多少のゆがみであれば問題ないと考えて使い続ける方もいらっしゃいますが、そのままにしておくと破損につながることも。シリンダーの中に破損した鍵が詰まってしまうケースも多く見られます。トラブル防止のためにも、早めに修理を依頼することがおすすめです。

これらに加え、同区内で少なからず発生しているのが自宅の錠前を壊される鍵トラブルです。鍵のかけ忘れによる空き巣もありますが、わざわざ扉の錠前を壊して侵入したケースも見られます。被害を受けたらすぐに鍵を交換することが重要です。さらなる被害を防ぐため、早めに対処しましょう。鍵を交換する際は、防犯性の高い鍵へ交換することをおすすめします。

豊島区はどんな地域?

豊島区は、東京都23区の西北部に位置します。面積は約13k㎡と狭いですが、人口は約30万人で、区内でもトップクラスの人口密度を誇ります。区の形が「ふくろうが羽を広げた姿」に見えることから、フクロウがシンボルとして使われているようです。主要駅である池袋駅にも、待ち合わせスポットとして「いけふくろう」の石像が設置されています。

豊島区が誕生したのは、1930年のことです。第二次世界大戦の終戦後は、多くの人々が池袋駅周辺に集まり、ヤミ市を開催しました。当時は1200以上の商店が集まっていたといわれています。その後、池袋を中心に街は発展を遂げ、副都心のひとつに数えられるほどに成長しました。

区内は池袋や巣鴨、目白、長崎などのエリアに分かれており、それぞれ異なる特色があります。池袋は言わずと知れた都内主要エリアのひとつで、駅周辺には高層ビルが並んでいます。巣鴨は高齢者向けの店が多く、地元の方だけではなく観光客も多数訪れる場所です。目白は古くからの文教地区として知られる高級住宅街、長崎はアトリエ村やトキワ荘などが存在した文化の街として有名です。

区の木に指定されているのは、ソメイヨシノです。区内にはソメイヨシノ発祥の地があり、季節になると、いたるところで美しい桜の木を見かけることができます。ほかにも、大塚エリアの都電沿いに植えられたバラの花や、駒込エリアのツツジの花など、さまざまな花のスポットが存在します。

都内でも特に人口密度が高く、人の行き来も多い豊島区。住宅やテナントなどへの侵入窃盗を防ぐためには、防犯対策をしっかりと行うことが需要です。防犯性の高い鍵への交換は、有効な手段となるでしょう。

豊島区の特徴

豊島区には、大きなビルの立ち並ぶエリアや昔ながらの住宅街などが混在しています。そんな豊島区の特徴を示す主なスポットをご紹介します。

各種路線が入居するターミナル駅が、豊島区を代表する池袋駅です。1日の利用者数は新宿駅、渋谷駅に続いて多く、通勤・通学・ショッピングなどの目的でさまざまな人が訪れます。埼玉県や東京北西部などからのアクセスが便利なため、池袋駅周辺で仕事を探す人も多いようです。駅の周辺には百貨店や飲食店、ファッションビルなどが集まっています。駅周辺は巨大な繁華街となっており、朝から夜まで人の行き来が絶えません。

池袋駅からひとつ隣の駅にある複合商業施設のサンシャインシティは、かつて巣鴨刑務所、東京拘置所のあった場所に、再開発の一環として建てられました。超高層ビルの「サンシャイン60」やサンシャイン水族館、屋内型テーマパークのナンジャタウンなど、人気スポットを擁しています。プリンスホテルや専門店街、古代オリエント博物館、サンシャイン劇場など、ジャンルを問わずに幅広い施設が入居していることが特徴です。また、サンシャインシティの目の前にある一帯は、乙女ロードと呼ばれます。女性をターゲットにしたアニメグッズや漫画などを扱う店が集まっていることから、この名称がつきました。執事に扮したスタッフからのおもてなしを受けられる「執事喫茶」が多いことも特徴のひとつです。

豊島区雑司が谷には、都立霊園である雑司ヶ谷霊園が所在しています。およそ10haの園内には、多数の墳墓が並んでいます。1874年に開園した雑司ヶ谷霊園には、夏目漱石、竹久夢二、泉鏡花、小泉八雲、金田一京助など、著名人も数多く眠っています。偉人たちをしのぶため、現在でも多くの人々が訪れているようです。霊園内は緑も多く、都心でありながら落ち着いた空気が漂います。周辺住民の憩いの場としても親しまれているようです。同区内の駒込にも都立霊園はあり、面積は約7haと、都立霊園の中でも規模が小さいです。染井霊園の特色は、何といっても桜の名所であること。現在、全国各地で育てられているソメイヨシノの木は、染井霊園のある地域にて誕生しました。春になると、園内の遊歩道に植えられた100本のソメイヨシノが花開きます。

雑司が谷には都立霊園だけではなく、歴史ある寺社がいくつも現存しています。有名なのが鬼子母神堂です。およそ1200年前の開創以来、多くの人々の信仰を集めてきました。祀られているのは、安産と育児の神である鬼子母神。10月には御会式(おえしき)と呼ばれる祭りが開催され、地域の人々が万灯を掲げて練り歩きます。敷地内には創業1781年の駄菓子屋である「上川口屋」があり、今もお菓子や飲み物などを販売しています。

トキワ荘があるのも豊島区です。かつて豊島区南長崎エリアに存在したアパートのことで、手塚治虫や赤塚不二夫など、漫画界の巨匠たちが若き日を過ごしたことで有名でした。実際のトキワ荘は、老朽化のために解体されることとなります。その後、漫画・アニメ文化の貴重な資料を後世に伝えるため、設立されたのがトキワ荘マンガミュージアムです。当時のアパートの様子が再現されており、施設内を巡りながら作家たちの暮らしを想像することができます。

目白一帯は、学校法人学習院の所属学校を中心に、文教施設が集まる地域です。都内でも有名な文教地区のひとつに数えられます。池袋と隣接しているものの、一転して静かな空気が漂うことが特徴です。学習院は、1847年、京都御所内にて開かれた学習所が元祖とされる、歴史ある学校です。

巣鴨地蔵通り商店街は、「おばあちゃんの原宿」の異名を持っています。1891年、とげぬき地蔵尊高岩寺が移転してきたことをきっかけに、活気ある商店街へ変化してきた歴史があります。毎月行われる縁日には、1万人以上が訪れるようです。特別なイベント時や休日と縁日が重なる日は、来訪者数が10万人に達することも。訪れた人々は、商店街で食事やショッピング、おしゃべりなどを満喫していきます。高齢者に人気のイメージがありますが、年齢を問わず、幅広い層が楽しめるスポットとなっています。

池袋駅やサンシャインシティの周辺は、平日の昼間から夜遅くまで多くの人の往来が見られます。雑踏のなか鍵を紛失すると見つけるのは大変ですので、うっかり落とさないように心がけましょう。

鍵のトラブル出張対応!お電話1本で駆けつけます。 鍵のトラブル出張対応!お電話1本で駆けつけます。

  • 通話無料
  • お見積もり無料
  • 鍵が開かなければ0円

豊島区にお住まいのお客様の声

弊社の鍵開けサービスをご利用いただいた豊島区のお客様の声をご紹介します。

O.Y様 30代男性

池袋にある事務所に通勤しています。事務所内には鍵のかかる引き出しがあり、個人情報の載った重要書類を保管していました。

ある日、書類が必要になって引き出しを開けようとしたものの、うまく鍵が回りませんでした。無理やり鍵を回して何とかこじ開けようとしたら、シリンダーの中に鍵が残ったまま、ぽっきりと折れてしまったのです。これはプロに頼まなければ無理だと思い、すぐに来てくれそうな業者さんを探し、「出張鍵屋 東横救急」さんに連絡をしました。

事情を話すと、すぐにスタッフの方が事務所へ来てくれました。修理も短時間で終わり、ありがたかったです。鍵の老朽化が原因とのことだったので、交換も追加でお願いしました。快く引き受けてもらえて、大変助かりました。

H.S様 20代女性

仕事で遅くなり、終電で帰宅したときに玄関の鍵をなくしていることに気づきました。一人暮らしのため、誰かに頼んで開けてもらうことができません。夜道を戻って鍵を探すのも怖かったので、深夜でも対応してくれる「出張鍵屋 東横救急」さんにお願いすることにしました。

こんな時間に本当に来てくれるのだろうかと心配でしたが、電話をかけたらすぐに駆け付けていただけました。鍵開けはすぐに完了し、無事に部屋に入れました。とてもホッとしたのを覚えています。道端で夜を越さずに済んで、本当に感謝しています。

N.A様 50代女性

いつものようにゴミ出しを終えて玄関に戻ったところ、夫が出勤してしまい、家に入れなくなってしまいました。夫はすでに電車に乗っており、すぐに戻ってくることはできません。幸い、スマホは持っていたので、「出張鍵屋 東横救急」さんに連絡して開けてもらうことにしました。

電話口では優しく丁寧に対応してくださったのが印象的でした。すぐに駆け付けてくださったため、それほど待たずに家へ入ることができ、とても安心できたのを覚えています。また、わが家は一軒家で、特殊な鍵を使っていたのですが、スムーズに開錠してくださったのに驚きました。今後、もし鍵のトラブルがあったら、またお願いしたいと思います。

News

2021.09.08

成年年齢引き下げ後も、豊島区の成人式の対象者は20歳となることが発表されました。

2021.09.08

10月にサンシャインシティ展望台にて「まっくらたいむ~ゆっくりと夜景を見ながら、心落ち着く空間を~」が開催されることが発表されました。

2021.09.08

新型コロナウイルスワクチンの余剰分を利用した接種予約が開始されました。

2021.09.07

9月28日まで、西武池袋にて佐賀県のポップアップショップ「佐賀県~受け継ぐ 生み出す 続ける~」がオープンしています。

2021.09.05

東京パラリンピックが閉会しました。

2021.09.05

夏目漱石の「坊ちゃん」をモチーフにした演劇「赤シャツ」が、「東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)」にて幕を上げました。

2021.09.04

「週刊女性」の「読者が選ぶ!住みたい街ランキング<首都圏>」に豊島区がランクインしました。

2021.09.02

妊娠中の方や同居しているパートナーへの新型コロナワクチン優先接種の受付が開始しました。

2021.09.01

豊島区にて「東京芸術祭2021連携事業 第33回池袋演劇祭」がスタートしました。

鍵のトラブル出張対応!お電話1本で駆けつけます。 鍵のトラブル出張対応!お電話1本で駆けつけます。

  • 通話無料
  • お見積もり無料
  • 鍵が開かなければ0円

鍵開け・鍵交換の流れ

鍵のトラブルはお電話にてお問い合わせください!

訪問エリアなどをお伺いし、最短5分で駆けつけます!

エリア内スタッフが現場に急行します!

鍵の状況を確認し、お見積もりをお出しします。ご納得いただけましたら作業に入ります。

早速作業を開始します!

お支払いは現金・各種カード・paypayからお選びいただけます。

鍵のトラブル出張対応!お電話1本で駆けつけます。 鍵のトラブル出張対応!お電話1本で駆けつけます。

  • 通話無料
  • お見積もり無料
  • 鍵が開かなければ0円