金庫鍵 開かない時の解決法を徹底解説

金庫の開け方、金庫の鍵が開かないときの対処法を解説

金庫鍵開かないときの解決方法を徹底解説

金庫の鍵が開かないとき、焦ってしまうことが多いですが、実は一番大切なことは冷静になって対処することです。冷静に判断ができるようになったら、まずは鍵が正しく差し込まれているか確認します。
また、鍵穴に異物が詰まっていないかも確認してください。それでも開かない場合は、自分で無理に開けようとする方法はあまりお勧めできません。金庫を壊してしまう可能性もありからです。そういったときは、金庫鍵開けサービスを行っている業者に任せることで最善な選択肢を見つけてもらうことができます。

金庫が開かない原因

金庫が開かない原因は様々です。まず、鍵が正しく動作しているかどうかを確認することが重要です。鍵が壊れていたり、異物が詰まっていたりすると開かなくなることがあります。
次に、金庫自体の内部のトラブルも考えられます。内部の鍵やロックメカニズムが故障している場合、開かなくなってしまうことがあります。また、金庫が傾いたり、ずれたりしていると正常に開閉しないこともあります。
さらに、セキュリティシステムの不具合や電子部品の故障も考えられます。これらの原因を確認し、状況に合わせて対処することが重要です。金庫の使用状況やメーカーによっても原因や対処方法は異なるため、鍵の専門家に相談することをおすすめします。

金庫 テンキー金庫の開け方ガイド:ダイヤル式からテンキー式まで

鍵を間違えている

金庫が開かない原因として、まず考えられるのが鍵を間違えていることです。入力する鍵の数字や記号が正確かどうかを再度確認しましょう。特に数字の順番を誤っていたり、一部の数字をスキップしていると開かないことがあります。
もし自分で開けられない場合は、金庫の取扱説明書を参照するか、メーカーに問い合わせることも有用です。

ダイヤルのリセット不足

金庫のダイヤルのリセット不足は、開かない原因の一つとなることがあります。もし、過去にセットしたはずの組み合わせを入力しても金庫が開かない場合は、ダイヤルのリセットが不十分だったかもしれません。
まず最初に確認すべきは、過去にリセットした際の手順や数字の組み合わせです。リセット手順を再確認し、確実に組み合わせを設定し直してみてください。それでも開かない場合には、鍵の専門家に相談してみましょう。ダイヤルのリセットが不十分なままでは、たとえ正しい組み合わせを入力しても金庫が開かない可能性があります。

電池切れの可能性

金庫の電子ロックが開かない場合、まず考えられる原因の一つが電池切れです。電子ロックを使っている金庫の場合、ロックの動作には電池が必要です。電池が切れると正常な動作ができなくなるため、開けることができません。
この場合、まずは電池交換を試してみることが重要です。取扱説明書を参考にして、正しい方法で新しい電池と交換します。多くの場合、新しい電池を入れ替えることで問題が解決することも多いです。しかし、電池切れ以外の原因で開かない場合も考えられるため、電池交換後も問題が解消しない場合は専門家に相談することをおすすめします。
電子ロック式の金庫は電池の状態を定期的に確認し、電池切れによるトラブルを予防しましょう。

中に物が入りすぎている

金庫が開かない原因の一つに、「中に物が入りすぎている」ことが考えられます。
金庫の収納容量を超えて物を詰め込んでしまうと、内部のメカニズムに負荷がかかり、金庫が正常に開閉しなくなることがあります。中に物が詰まりすぎると鍵が回らなくなったり、内部の部品が締め付けられて動かなくなったりする可能性もあるのです。
このような状態になった場合は、金庫に詰め込まれている物を整理しましょう。収納容量を超えないように注意し、金庫の取扱説明書には推奨される収納量が記載されていますので、その基準を参考にしてください。

扉の建付けや設置場所が悪い

・金庫の扉の建てつけが悪い場合
扉がきちんと垂直に閉まっているか、不具合やズレはないかを確認します。建てつけが悪いと、錠がきちんとかみ合わずに開かなくなったり、閉まりきらなくなることがあります。

・金庫を設置している場所が不安定な場合
床の傾きや振動によっては、前述した扉の建てつけにも影響を与えることがあります。しっかりと安置した場所への移動も検討してください。
扉の建てつけは自分で無理に修理を試みると、上手くいかずに金庫が壊れてしまうこともあるので、鍵の専門家に修理を依頼し、正常な状態に戻すようにしましょう。

金庫自体の故障

金庫自体の故障は、内部の鍵やロックメカニズムの問題、金庫本体の損傷など様々な要因によるものがあります。
例えば、鍵が回らない、抜けない、金庫のドアが開かないといったトラブルが発生したとき、鍵やロックメカニズムが経年劣化で摩耗してしまったり、鍵穴内へのゴミがたまっていたり交換や調整が必要な状況になっている可能性があります。こうした場合は、できるだけ早く専門家に相談することが早期解決へつながります。

ダイヤル式金庫の開け方

ダイヤル式金庫の鍵を開ける際には、正確な手順が必要です。
まずはじめに、ダイヤルを左に数回軽く回してから右に向かって一回転し、最後に左に戻します。この動作を繰り返し、金庫の鍵を開けることができるでしょう。
しかし、注意点もあります。不注意によってダイヤルの回しすぎたり、誤った順番で操作すると、金庫がロックされてしまうことがあります。その場合は、専門家に相談して、解錠を依頼しましょう。
また、自分で金庫を開けようと試行錯誤するのは非常に危険です。正しい手順を踏まえずに不用意に操作することで、金庫が壊れてしまったり、中の貴重品が損傷する可能性があります。専門家に相談することが、安全かつ確実な解決策です。

ダイヤルの正しい合わせ方

ダイヤル金庫を開ける際には、正しい合わせ方が重要です。まず最初に、ダイヤルを左に3回軽く回してください。その後、最初の数字までダイヤルを引いてください。その数字に到達したら、ダイヤルを右に2回回して次の数字に合わせます。最終的には左に1回まわして最後の数字に合わせましょう。

ダイヤルのリセット方法

金庫のダイヤルをリセットする方法について、以下の手順をご紹介します。
まず、ダイヤルのリセットには基本的な数字の組み合わせが必要です。まず最初に、工場出荷時の組み合わせや、ご自身で設定した数字の組み合わせを使ってリセットを試みてください。しかし、これがうまくいかない場合は、金庫のメーカーや取扱説明書に載っているデフォルトの組み合わせを試してみることも有効です。
次に、新しい数字の組み合わせを設定する際には、金庫の取扱説明書に従って正確に手順を守ることが重要です。設定手順が異なる機種もありますので、ご注意ください。
最後に、リセット作業の際には慎重に行うことが求められます。誤った操作によって金庫がロックされたり、不具合が生じる可能性があります。リセット作業中は急いだりせず、丁寧に手順を守りましょう。もしも自力でのリセットが難しい場合は、メーカーや専門家に相談してみると良いでしょう。

テンキー式金庫の開け方

テンキー式金庫の開け方について解説します。
まず最初に、テンキーをよく見て、数字キーが表示されていることを確認しましょう。そして、工場出荷時の暗証番号を入力してみます。暗証番号がわからない場合は、金庫本体に備え付けられている初期暗証番号の場所を確認します。
初期暗証番号を入力して金庫を開けることができない場合は、金庫のメーカーや製品によって異なりますが、リセットボタンや特定の手順に従って新しい暗証番号を設定する方法があります。取扱説明書を参照するか、メーカーサポートに連絡してください。
万が一、それでも開けることができない場合には、金庫のメーカーに連絡し専門業者に依頼することをお勧めします。

正しい番号の入力方法

正しい番号の入力方法についてご説明します。
まず、正しい番号を入力するためには、周囲の騒音や見えにくい状況を避け、静かな場所で作業することが大切です。そして、指先をしっかりと使って、誤操作を避けるようにしましょう。数字を1つずつ確実に入力していくことで、正確な暗証番号入力が可能です。次に、金庫の操作パネルにしっかりと目を通して、数字の重複やスキップがないかを確認しましょう。何度も同じ暗証番号を入力して確かめることで、誤りを防ぐことができます。
最後に、金庫の取扱説明書に示されている入力方法を参考にしましょう。メーカーや製品によって異なるため、取扱説明書を読むことで正しい番号の入力方法を確認できます。以上のポイントを押さえて、正しく番号を入力することで、金庫をスムーズに開けることができます。

電池の交換方法

テンキー式金庫の電池が切れた場合は、まずは安全のために金庫の電源をオフにしてください。次に、金庫の裏側や底面にある電池カバーを見つけます。適切な工具を使用してカバーを開けます。内部にある古い電池を注意深く取り外し、新しい電池と同じ極性で取り付けます。
電池の取り付けが完了したら、電池カバーを再びしっかりと閉めます。各メーカーごとに異なる場合もあるため、万が一不明点があれば、取扱説明書を参照することをお勧めします。電池交換後、金庫が正常に動作することを確認してから使用を再開してください。

シリンダー錠式金庫

シリンダー錠式金庫は一般的な種類であり、一般家庭やオフィスでよく使用されています。このタイプの金庫は、鍵を回してシリンダーを操作することで開閉します。金庫の鍵が開かない場合、まず鍵や鍵穴をよく観察しましょう。鍵に錆や汚れがある場合は、専用の潤滑油を使用して清掃し、スムーズな操作を確保します。鍵穴に異物が詰まっていないかも確認しましょう。
それでも開かない場合は、無理に開こうとせず、専門家に相談することが重要です。金庫のシリンダー錠は専門知識を要するため、自己修理や無理な操作は避けるようにしましょう。鍵の専門業者に連絡して、適切な対処法を求めることで、安全かつ効果的に問題を解決することができます。

マグネット式金庫

マグネット式金庫は、鍵や暗証番号ではなくマグネットを使用して開閉する金庫のことです。このタイプの金庫は一般的に小型であり、鍵や暗証番号を使わずにマグネットカードやデジタルキーや電子式の金庫と同様の用途で使用されます。
マグネット式金庫の場合、開け方や解除方法は製品によって異なるため、取扱説明書をよく読み理解しておくことが重要です。故障やトラブルが発生した場合は、取扱説明書に記載されているトラブルシューティング方法を参照して、解決を試みます。
また、マグネット式金庫には電子部品が搭載されていることがありますので、電池切れによる不具合が考えられます。電池の寿命を定期的に確認し、必要に応じて交換することが大切です。

生体認証式金庫

生体認証式金庫は指紋や網膜などの生体情報を使って開錠するタイプの金庫です。指紋認証の場合、登録された指紋と一致するかどうかで開錠される仕組みです。網膜認証の場合は、登録された網膜と一致するかどうかで開錠されます。生体認証式金庫はセキュリティ面で高い評価を受けています。
ただし、時には指紋認証がうまく機能しないことがあります。その際は、登録した指紋と同じ状態でない可能性があるため、指の汚れや湿気を拭いてから改めて試してみてください。網膜認証の場合は、眼鏡をかけている、目が乾燥している、光の加減などが認識精度に影響することがあります。
それでも開錠できない場合は、金庫メーカーに連絡し、専門家による点検や調整を依頼することをおすすめします。生体認証式金庫は高度な技術が用いられているため、修理や調整は専門家に依頼することが望ましいです。

業務用金庫業務用金庫の解錠方法と注意点!

業者に依頼すべき場合

以上で一通りの対処法をご紹介いたしました。ご自分でできそうなものもあれば、これは業者に頼む方が絶対におすすめだというものもあります。本項では、絶対に自分でやらずに、鍵の専門家に依頼するべきパターンをご紹介します。

暗証番号を完全に忘れたとき

業者に頼む前に必要な準備としては、購入時の書類や取扱説明書を探してみることです。暗証番号を記載した書類が見つかるかもしれません。また、製品の型番やシリアル番号をメーカーに問い合わせることも一つの方法です。そのうえで鍵の専門家に相談することをお勧めします。
専門家は様々な手法や道具を使って、金庫を開けてもらうことができます。自分でやらない方がいい理由としては、無理に開こうとすることで、鍵穴や金庫自体が傷つくリスクがあります。

鍵を紛失してしまった場合

万が一、金庫の鍵を紛失した場合は、無理に金庫を開けようとせず、早めに業者に連絡を取ることが大切です。業者は鍵を新しく作製したり、適切な方法で金庫を開けることができます。金庫や中の貴重品などをなるべく傷つけることなく開錠できるのが強みですので、できるだけプロに頼るようにしましょう。
また、紛失した鍵が第三者の手に渡る可能性も考えられるため、慎重に対処することが重要です。紛失した鍵によって金庫のセキュリティが危険にさらされる可能性もあるため、鍵の再作成も含めて専門業者に相談しましょう。

電池切れで交換できない場合

金庫の電子錠が電池切れで開かない場合、まず最初に試すべきは電池の交換です。通常、電池を交換することで問題が解決することが多いです。しかし、中には金庫の設計上、お客様が自分で交換できない場合もあります。そのような場合には、金庫を壊さずに問題を解決するためにも、専門家の助けを借りることが賢明です。

業者の選び方と依頼の流れ

金庫の鍵のトラブルは専門的な知識や技術が必要な場合があります。鍵専門の業者といっても数多く存在し、信頼できる業者を選んで任せることが重要です。
まず、業者を選ぶ際には口コミや評判を確認することが大切です。信頼できる業者かどうかを確認するためにも、インターネットや知人からの情報を活用しましょう。
次に、業者に依頼する際には、きちんとした見積もりを提示してもらいましょう。料金や作業内容、予想される所要時間などを明確にしてもらうことで後々トラブルを避けることができます。
また、業者の対応やサービス内容も重要です。丁寧な対応やアフターケアがしっかりしている業者を選ぶことで安心感が増します。
最後に、依頼の流れでは、作業前にしっかりと契約書や作業内容について確認しましょう。業者との納得のいく契約を行うことでトラブルを未然に防ぐことができます。

信頼できる業者の見分け方

信頼できる業者の見分け方について、以下のポイントに注目しましょう。
・口コミや評判を確認する
過去の利用者の体験談や評価を参考にすることで、業者の信頼性を判断することができます。信頼性の高い業者であれば、公式サイトなどで実績や取り組みについて積極的に情報を発信していることが多いです。Google検索やホームページから利用者の感想や実績を見て、信頼できる業者かを判断しましょう。
・業者の対応やサービス内容を確認
電話やメールでの問い合わせに対する丁寧な対応や、不明点や疑問にもしっかりと応えてくれる業者は信頼できる可能性が高いです。また、アフターケアにも力を入れている業者は、トラブル時にも頼りになります。
・業者の所在地、営業時間、対応エリアなどサポート体制を確認
事前にしっかりと業者の情報を確認してから選ぶことが大切です。

依頼までのステップ

金庫の鍵のトラブルで業者に依頼する際のステップを以下に示します。
【ステップ1】トラブルが発生した際には専門業者に連絡を取る
業者にトラブルの状況や金庫の種類、鍵の状況をできるだけ詳細に伝えましょう。電話やメールなどで状況を説明し、問題を把握してもらいます。
【ステップ2】業者からの対応を待つ
業者によっては対応の可否や作業にかかる費用、所要時間などについて折り返しになる場合があります。この際に、必要に応じて業者に疑問点や不明な点を確認しましょう。
【ステップ3】業者とのスケジュール調整
都合が合う日時や作業場所などを確定し、作業日程を決定します。
業者が金庫の鍵を開けた後には、作業内容やアフターケアについても確認し、必要ならば業者に質問や相談を行いましょう。

様々な金庫のイメージ金庫鍵開けの費用相場とは?詳しく解説

日常の金庫のメンテナンス方法

金庫の日常的なメンテナンスは、長い目で見ると重要です。まず、定期的に金庫の外側と内側を乾いた布で拭き取ります。埃や汚れが溜まると、錆や損傷の原因になりかねません。
次に、金庫の鍵にも注目しましょう。鍵には錆が気になる場合は定期的に錆止めスプレーを使用し、スムーズな開閉を保つようにしましょう。また、金庫の内部には湿気を取り込まないように気を付けてください。湿気に弱い貴重品や書類を保管する場合は、湿気を取り除くための除湿剤を利用することをお勧めします。
最後に、鍵の使い方や暗証番号の変更方法などの取扱説明書を確認し、正しく使えるようにすることも大切です。これらの日常的なメンテナンスを行うことで、金庫の耐久性や安全性を保つことができます。

定期的なチェックポイント

金庫の定期的なチェックポイントには以下のような項目があります。
まずは定期的な鍵の動作確認です。鍵を定期的に差し込んでみて、スムーズに回転し、開閉することを確認しましょう。鍵に違和感や抵抗があれば、専門家に相談することが大切です。
次には金庫の内部を定期的に点検しましょう。金庫内部の錆や劣化がないか、棚やヒンジ、施錠装置などが正常に動作しているかを確認します。特に金庫内部の湿度や温度管理にも注意を払いましょう。
最後には、金庫の外側を見逃さずに点検しましょう。金庫外部のキズや汚れ、変色がないかを確認します。キズや汚れが放置されると、金庫の防犯性や見た目に影響を与える可能性があります。

トラブル回避の方法

金庫を使用する際にトラブルを回避するためには、いくつかの注意点があります。
1.金庫の鍵を大切に保つ
鍵を無理に曲げたり、落としたりしないようにしてください。鍵に過度な負荷をかけると、不具合の原因になります。
2.金庫の暗証番号を他者に漏らさない
不特定多数の人に暗証番号を知られると、セキュリティ面でリスクが高まります。
3.金庫の取扱説明書を正しく理解し、使い方を守る
金庫の適切な使い方を知ることで、トラブルを回避することができます。トラブルが発生した場合は、鍵の無理な操作を避けて、専門家へ任せましょう。

まとめ

金庫鍵が開かない時には、まずパニックに陥らず冷静に対処しましょう。また、金庫や中の貴重品を壊さずに開錠するためにもプロに任せることをお勧めします。
プロに任せることで早急かつ安全に解決してくれるので、安心感にもつながります。

もしこの記事を読んだお客様の中で、お困りのことがございましたら鍵屋アンロックへぜひご相談ください。

鍵のトラブル出張対応!お電話1本で駆けつけます!

  • 0120-613-517 通話料無料 年中無休 24時間365日電話受付中!
  • 無料メール相談 こちらから

その他の鍵に関する豆知識

鍵のトラブル時の豆知識一覧へ